Google
準備編 目次
  1. 旅券申請、出張旅程の立て方と航空券などの手配
  2. 査証(VISA)申請・取得
  3. 感染症予防接種
  4. ホテルの予約
  5. 現地生活情報(衣食住)
  6. 海外安全情報の確認
  7. 保健衛生情報の確認
  8. 電圧とプラグの形状
  9. 海外旅行損害保険
  10. 両替為替/送金
  11. インターネット海外ローミングサービス
  12. 携帯電話ローミング
  13. クレジットカード
滞在生活編
  1. 空港までの交通手段
  2. 空港でのチェックイン・出国手続き
  3. 空港内、トランジットの過ごし方
  4. 現地でのホテル・住まいの探し方
  5. 現地での電話・携帯電話利用
  6. 現地でインターネットへ接続
  7. お金の管理と銀行口座開設
  8. 現地での生活(食事、ショッピング、スポーツ、運転)
  9. クーリエサービス(国際宅急便)と郵便
  10. パスポート、航空券の紛失・盗難
帰国準備
  1. 帰国準備、航空券の手配
  2. 不要品の処分
  3. 荷物の搬送
  4. 入国審査、検疫、税関申告
  5. 帰国後の公的手続き
  6. 旅行傷害保険の請求
  7. 携行品の修理

4.7 旅行携行品の修理

スーツケースは消耗品と考えたほうが気が楽。特に、重量が重くなるとハンドリングの際に破損するケースが多い。この損傷に対して、航空会社や海外旅行傷害保険などの補償制度を利用して修理をすることが可能であるが、航空会社や共同運航便、旅行傷害保険の内容などにより適用の範囲がことなる。

スーツケースの損傷

空港のハンドリングで損傷するケースが多い。特に重量が重いとその傾向は高い。また、稀に故意にスーツケースをこじ開けようとして失敗したことがこれまでにあった。損傷の内容は、フレームのゆがみ、キャスターの破損、陥没など様々であるが概ね修理が可能なようだ。

 

 

修理業者

修理業者には概ね下記の業者がリストされる。

修理手続き

自前で修理するのと航空会社持ち修理と2種類ある。自前の場合直接修理店へ連絡して修理をするが、旅行の際、空港でスーツケースを受け取った時に損傷が認められた場合、航空会社持ちの修理になり、入国審査が済んでから直接航空会社の窓口へ行き、手続きをする。通常、自宅から損傷したスーツケースを修理会社あて宅急便で送付するようになる。自宅へ帰ってから、損傷が認められた場合、利用した航空会社へ相談する。

日系航空会社はかなり手厚く補償しているがそれ以外は厳しい規定を設けている。基本的に共同運航便の場合、機体を提供している航空会社の規定に従うことになる。例えば、エミレーツ航空と日本航空の共同運航便の場合、エミレーツ航空の規定に従う。エミレーツ航空は、この修理規定が厳しく、スーツケースの場合、ハンドルが損傷して初めて修理補償の対象となる。